セルについて

セル範囲の名前定義と削除

 Excel上に書かれた表やグラフ、つまり指定された一定のセル範囲に対し「Nameプロパティ」で名前を設定することができます。この名前を設定することにより範囲指定が楽になるメリットがあります。

セル範囲の名前定義

上記の表があり、名前を「人事抜粋表」とします。

Sub セル名前()

 Range(“B2:F10”).Name = “人事抜粋表”
 Range(“人事抜粋表”).Select

End Sub

すなわち表を指定するのに、セル番号を確認し入力する手間を省くことができます。

多くの表やグラフが並んで表示されている場合、名前で指定して処理する方が断然楽です。

こうした名前の設定方法は作業効率につながりますので、覚えておいてください。

定義された名前の削除

既に名前を設定された表やグラフに対して、その名前を削除する場合は、

  WirkBookオブジェクト.Names(“範囲名”).Delete

Namesプロパティでブック内で設定された名前を参照し、Deleteメソッドでこの名前を削除します。Workbookオブジェクトが対象です。

Sub 名前削除()
 ActiveWorkbook.Names(“人事抜粋表”).Delete
End Sub

これで先ほど設定されたセル範囲 B2:F10 の「人事抜粋表」が削除されます。

セル範囲の指定について

先ほどの「人事抜粋表」ですが、

Range(“B2:F10”).Select

あるいは名前を設定して

Range(“人事抜粋表”).Select

と書きましたが、[ ]で囲むことでセル範囲の指定を行うこともできます。

[B2:F10].Select

[“人事抜粋表”].Select

セルの行・列の表示と非表示  Excel上のセルの行や列を表示させたり非表示にしたりするには   Hiddenプロパティ を使用します。  指定...
セルの内容検索と連続検索  指定したセル範囲の中で「ある文字列」を指定して、その文字列が最初に見つかったセル番地を返したり、一致するセル番地を最初から全て返した...