セルについて

セルの行・列番号と参照

 指定したセルの行番号と列番号を知るには「Rowプロパティ」「Columnプロパティ」を使って数値で知ることができます。

 複数のセルを選択している場合は、行は一番小さな数値を、列の場合は一番左の数値を返します。

セル D3 が選択されている(アクティブ)状態で、

Sub 行列01()

  MsgBox “行番号= ” & ActiveCell.Row & _

 “ 列番号= ” & ActiveCell.Column

End Sub

つまり

・Rangeオブジェクト.Row         → 行番号を返します

・Rangeオブジェクト.Column  → 列番号を返します

Range(“B4:E6”) の範囲 が選択されている場合

先ほどの Sub 行列01() ~ End Sub のプロシージャを実行します。

・行番号は一番小さな数値を返します。

・列番号は一番左の数値を返します。

行・列を参照することについて解説します。

指定した行・列の参照には「Rowsプロパティ」「Columnsプロパティ」を使います。

この二つのプロパティは、指定したセル範囲の全行・全列を参照します。

「Rows(2)」とすれば、2行目すべてのセルを参照します。

「Columns(5) とすれば、E列すべてのセルを参照します。

Sub 参照_01()

‘① 2行目を参照

  Sheets(“Sheet1”).Rows(2).Interior.ColorIndex = 8

‘② D列を参照

  Sheets(“Sheet1”).Columns(4).Interior.ColorIndex = 7

End Sub

セル B2 から H14 までのセル範囲をあらかじめ選択した状態で、

Sub 参照_02()

‘① 2行目を参照

  Selection.Rows(2).Interior.ColorIndex = 8

‘② D列を参照

  Selection.Columns(4).Interior.ColorIndex = 7

‘③ 行数と列数を表示

  MsgBox “行数= ” & Selection.Rows.Count _

  & “列数 = ” & Selection.Columns.Count

End Sub

※ この「行数=13」と「列数=7」は「行の数(カズ)」と「列の数(カズ)」であって、行番号、列番号ではありませんので注意してください。

また行・列の参照指定方法として次のように、行番号・列番号をダブルクォーテーション「”」で囲んで指定することもできます。

Sub 参照_03()

‘① 行の範囲指定

 Rows(“2:5”).Interior.ColorIndex = 8

‘② 列の範囲指定

 Columns(“C:E”).Interior.ColorIndex = 7

‘③ 列指定

 Columns(“G”).Interior.ColorIndex = 6

End Sub

セルのコピーと貼り付け  セルの値をほかのセルにコピーするには「Copyメソッド」と「Pasteメソッド」を使います。 つまり、「Copyメソッド」でセ...
入力済セルの最終行 End  いろいろな表関係を調べたり計算する際に、データが書かれている最終のセル番号を必要とすることが多々あります。  データ数...