セルについて

セルの値や書式の削除

 セルへの入力は「文字や数字」を入力の他に、「数式」の入力と「書式」の設定があります。

たとえば、A3のセルは A1とA2合計が表示されるように数式を設定します。

  A3 = A1 + A2

また金額がマイナスだったら数字を赤色にするとか、一部の背景色をブルーにしたり、罫線をひくといった書式を設定したりできます。

こうしたセルへの入力や設定に対し削除する場合は、

1. 文字(数字)・数式・書式の全てを削除する

2. 文字(数字)と数式のみを削除する

3. 文字(数字)と数式をそのままに、書式のみ削除する

について各メソッドについて説明します。

  1. Rangeオブジェクト.Clear
  2. Rangeオブジェクト.ClearContents
  3. Rangeオブジェクト.ClearFormats

同じ表が3つ並んでいます。

それぞれについて次のようなメソッドを実行します。

Sub 削除処理()
 Range(“B4:G7”).Clear ‘①

 Range(“B11:G14”).ClearContents ‘②

 Range(“B18:G21”).ClearFormats ‘③
End Sub

結果は次の通りです。

① Clearメソッドを実行すると、セルの文字(数字)も数式も書式も全てが消去されます。つまり未使用状態になります。

② ClearContentsメソッドを実行すると、セルの文字(数字)と数式(計算式や関数)が消去されます。書式(フォント、背景色、罫線など)は残ります。

③ ClearFormatsメソッドを実行すると、書式(フォント、背景色、罫線など)が消去されます。文字(数字)や数式(計算式や関数)はそのまま残ります。

この他に

 ClearCommnets   コメントを消去

 ClearHyperlinks   ハイパーリンクを消去(2010以降のみ)

 ClearNotes     コメントを消去

 ClearOutline      アウトラインを消去

があります。

主として使うのは

 Clear

 ClearContents

です。

この二つが使えればまず問題ありません。

逆にいれば、この二つは完璧に使えるようにしてください。

セルの行の高さと列幅の変更  ここではセルの高さや幅の現状値を取得したり、高さや幅をVBAで変更する方法について解説します。 セルの高さと幅を取得す...
セルの行・列の表示と非表示  Excel上のセルの行や列を表示させたり非表示にしたりするには   Hiddenプロパティ を使用します。  指定...