シートとブック

シートの保護と保護解除の方法

 Excelシートの保護(ロック)と解除の方法は「シート全体を保護(ロック)/解除する」と「一部を保護(ロック)/解除する」2つの場合が考えられます。

 またそれぞれに「パスワードを付ける場合」と「パスワードを付けない場合」との分けて説明します。

シート全体の保護と解除

上部メニューバーの「校閲」をクリックし、「シートの保護」をクリック。

「シートの保護」が出ますので、ここで「シートとロックされたセルの内容を保護する」にチェックが入っているのを確認し「OK]を押します。

 この時、解除の際「パスワード」を必要としない場合は、「シート保護を解除するためのパスワード(P)」は空欄のままにします。

「パスワード」を必要とする場合は任意のパスワードを入力した後にOKを押します。その際アルファベットの大文字・小文字は区分して記録されますので注意してください。

パスワード設定の場合は確認のため再度パスワードの入力を求められます。設定したパスワードは忘れないことが絶対条件です。

これでシート全体が保護(ロック)されました。

何かセルに書き込もうとすると次のようなメッセージが出て入力することができません。

 次に全体が保護されたシートを解除する場合です。

上部メニューバーの「校閲」をクリックします。

パスワード設定がない場合は「シート保護の解除」をクリックするだけで解除されます。

 パスワードが設定されている場合は、「シート保護の解除」をクリックした後「シート保護の解除」が表示されパスワードの入力を求められます。

パスワードが合っていればシートの保護は解除されます。

最初のSheetを保護するとして、これをVBAで書けば

’パスワードを付けない場合

Sub シート保護

   Sheets(1).Protect

End Sub

‘パスワードを付ける場合

Sub シート保護

   Sheets(1).Protect Password:=”Pass123″

End Sub

’※パスワードは任意です。

‘解除する場合

Sub Sheet解除()

        Sheets(1).Unprotect

End Sub

 パスワードを設定している場合は、上記のような「シート保護の解除」が表示されますので、パスワードの入力をすれば解除となります。

シート一部の保護と解除

 上図でD4からF21のグリーンの部分のみ書き込みOKとして、その他の部分は保護(ロック)する場合で説明します。

 D4からF21 までのセルを選択し、「セルの書式設定(F)」をクリックします。

「保護」タブをクリックします。

ここで 

☑ロック(L)

のチェックを外し「OK」を押します。

後はシート全体の保護と同様に、「校閲」を押し、「シートの保護」を押します。

パスワードを設定する場合、しない場合も同様です。

これでグリーンの部分「Range(”D4:F21”)」は自由に書き込みが可能ですが、それ以外の部分は一切書き込みや変更をすることはできません。

ようするに全体保護と一部保護の違いは「ロックしない部分」を設定しなければ

全体保護になり、設定すれば一部保護になるということです。

VBAでのマクロも上記と同じです。

シートが保護されているか否かの確認

 指定したシートが保護されているのかいないのかのを確認する場合は

Worksheetオブジェクト.ProtectContents = True/False

の「ProtectContentsプロパティ」を使います。

保護の場合は「True」を取得し、非保護の場合は「False」を取得します。

Sub シート保護Confirm()

    If ActiveSheet.ProtectContents = True Then

        MsgBox “シートは保護されています!”

    Else

        MsgBox “シートは保護されていません!”

    End If

End Sub

シートの名前変更と見出しの方法  一つのワークブックには一つあるいは複数のシートが存在します。 これらのシートにそれぞれの名前を付けたり色を付けたり、シートの見...
ブックの作成と開閉方法  ここでは Excelの新しいブックを作成する方法、既存のブックを開く方法、ブックの閉じる方法等について解説します。 新...