印刷

余白設定・中央配置・ヘッダーフッター設定

 ここではプリントする際の用紙の余白の設定方法、印刷位置を用紙の中央に配置する方法、およびヘッダーの設定方法とフッターの設定方法について解説します。

余白の設定方法

用紙の上下左右の余白を設定する方法です。

Worksheetオブジェクト.PaperSetup.TopMargin = ポイント数

Worksheetオブジェクト.PaperSetup.BottomMargin = ポイント数

Worksheetオブジェクト.PaperSetup.LeftMargin = ポイント数

Worksheetオブジェクト.PaperSetup.RightMargin = ポイント数

余白の単位はポイントです。

InchesToPoints を使えばインチ単位で指定することになります。

CentimetersToPoints を使えばセンチ単位で指定することになります。

日本の場合はセンチが長さ単位の主流ですので「CentimetersToPoints」を使うことにします。

Sub 余白()

With ActiveSheet.PageSetup

  .Zoom = False

  .FitToPagesWide = 1

  .FitToPagesTall = 1

  .Orientation = xlLandscape

  .PaperSize = xlPaperA4

  ‘①

  .TopMargin = Application.CentimetersToPoints(3)

  ‘②

  .BottomMargin = Application.CentimetersToPoints(2)

  ‘③

  .LeftMargin = Application.CentimetersToPoints(4)

  ‘④

  .RightMargin = Application.CentimetersToPoints(2)

End With

印刷位置をページ中央に配置

 印刷位置を用紙の水平方向の中央に配置するには「CenterHorizontallyプロパティ」を使います。

 印刷位置を用紙の垂直方向の中央に配置するには「CenterVerticallyプロパティ」を使います。

ともに「True」で設定され、「False」で解除されます。

Worksheetオブジェクト.PageSetup.CenterHorizontally = True/False

Worksheetオブジェクト.PageSetupVertically = True/False

Sub 中央配置()

With ActiveSheet.PageSetup

  .Zoom = False

  .FitToPagesWide = 1

  .FitToPagesTall = 1

  .Orientation = xlLandscape

  .PaperSize = xlPaperA4

  .CenterHorizontally = True

  .CenterVertically = True

End With

ActiveSheet.PrintPreview

End Sub

ヘッダーの設定

 ヘッダーにファイル名や作成日等の文字列や書式コードの設定をします。

値の取得・設定ができ、設定は文字列でしていします。

 書式コードとはシート名やページ番号などの設定や書式を設定するコードのことを言います。

Worksheetオブジェクト.LeftHeader = “文字列” / “書式コード”

Worksheetオブジェクト.CenterHeader = “文字列” / “書式コード”

Worksheetオブジェクト.RightHeader = “文字列” / “書式コード”

Sub Header設定()

With ActiveSheet.PageSetup

  .Zoom = False

  .FitToPagesWide = 1

  .FitToPagesTall = 1

  .Orientation = xlLandscape

  .PaperSize = xlPaperA4

  .LeftHeader = Range(“B2”)

  .CenterHeader = “&A”

  .RightHeader = “作成日:” & “&D”

End With

ActiveSheet.PrintPreview

End Sub

ヘッダーで使用できる書式コードは次の通りです。

フッターの設定

フッターの設定も基本的にはヘッダー設定と同じです。

書式コードもヘッダーの書式コード表を参照してください。

Worksheetオブジェクト.LeftFooter = “文字列” / “書式コード”

Worksheetオブジェクト.CenterFooter = “文字列” / “書式コード”

Worksheetオブジェクト.RightFooter = “文字列” / “書式コード”

Sub Footer設定()

With ActiveSheet.PageSetup

  .Zoom = False

  .FitToPagesWide = 1

  .FitToPagesTall = 1

  .Orientation = xlLandscape

  .PaperSize = xlPaperA4

  ‘①

  .LeftFooter = “&””メイリオ””&14社外秘”

 ‘②

  .CenterFooter = “”

 ‘③

  .RightFooter = “コピー要許可”

End With

① フォント名メイリオで14ポイントで「社外秘」と表示

② 何も記載しない

③ 「コピー等許可」の表示

プリンター・印刷範囲・倍率・用紙サイズの設定  ここではExcel文書の印刷にあたり、「プリンターの設定」「印刷範囲の設定」「印刷倍率の設定」「用紙の向きとサイズ」その他の主たる設...
設定のまとめと印刷プレビュー・ 印刷実行  指定したオブジェクトを印刷するには、あらかじめ「PageSetupプロパティ」に印刷範囲や余白、印刷用紙の大きさなど様々な情報を設定...