セルについて

セルの行・列の表示と非表示

 Excel上のセルの行や列を表示させたり非表示にしたりするには

  Hiddenプロパティ

を使用します。

 指定した行や列を表すRangeオブジェクトに対して、Hiddenプロパティの値がTrueの場合は非表示となり、Falseの場合は表示になります。

Sub 行列非表示()
‘①
Rows(“4:6”).Hidden = True
Rows(“8:11”).Hidden = True
Rows(“13:16”).Hidden = True
Rows(“18:23”).Hidden = True

‘②
Columns(“C:F”).Hidden = True
End Sub

① 各支店の行を非表示にする。

② 3か月ごとの列(粗利益データ)を非表示にする。

再度元に戻すには(再表示するには)

Sub 行列再表示()
‘③
Rows(“4:6”).Hidden = False
Rows(“8:11”).Hidden = False
Rows(“13:16”).Hidden = False
Rows(“18:23”).Hidden = False

‘④
Columns(“C:F”).Hidden = False
End Sub

③ 各支店の行を再表示にする。

④ 3か月ごとの列(粗利益データ)を再表示する。

セルの値や書式の削除  セルへの入力は「文字や数字」を入力の他に、「数式」の入力と「書式」の設定があります。 たとえば、A3のセルは A1とA2合計が...
セル範囲の名前定義と削除  Excel上に書かれた表やグラフ、つまり指定された一定のセル範囲に対し「Nameプロパティ」で名前を設定することができます。この名前...